Top Design Illustration Writings Blog Links Profile Contact

All Pages |  1  |  2  |  3  |   [Next]

裁かるるジャンヌ

クルスマスの日、本郷中央教会での「聖なる夜の上映会 裁かるるジャンヌ」を観に行ってきました。「裁かるるジャンヌ」は1928年制作のサイレント映画。監督はカール・ドライヤー。映画史上とても評価の高い作品です。

私は今まで未見だったのですが、ジャンヌ・ダルクとして兵を従えて行進するシーンも途中挿入されるのかと思ったら、そういう勇ましい場面は一切なく、閉じられた空間の中での裁判のシーンが延々と続きます。背景には余計なものを一切置かず、殺伐とした無機的な空間の中で、登場人物たちの様々な表情を克明に映し出していくのです。そしてジャンヌ役のファルコネッティが時折見せる恍惚とした表情は、観るものを圧倒します。おそらく「演技」という領域を超えているのでしょう。崇高な信仰心によって導かれる光の世界と、どうしようもなく醜い人間の心の闇。そのコントラストがモノクロームの映像の中に、鮮明に、残酷に、描かれていました。

クライマックスの処刑シーンに至ってもカメラの視線は徹底してクールで、感情移入するドラマティックな映画ではないように私は感じたのですが、周りではすすり泣く声も聞こえたので、クリスチャンの方にはまた違った見方があるのだろうなぁと思ったりもしました。そもそもジャンヌ・ダルクのことを、イギリス人はどう思っているんだろうか?って考えてみたり。信仰のことはさておいて、研ぎすまされた映像美と、作品全体にわたっての何とも言えない緊張感が、強烈に印象に残る作品でした。

この映画に素晴らしい演奏を加えてくれたのは、ピアニストの柳下美恵さんと、映像作家(他、いろいろやってるそうです)のジャン ピエール テンシンさん。柳下さんは数年前からふとしたご縁での知り合いですし、テンシンさんは私の友人の友人で、本郷の古い由緒ある教会、そして「裁かるるジャンヌ」・・・という不思議なつながりのあった今回の上映会。今回こういう形でこの映画を観れたのはとても幸運なことでした。

★柳下美恵さんのホームページ http://www.ltokyo.com/yanasita/miespick.html

映画 Gedo Senki

絶対観ないと決めていたのですが、観てしまいました「映画 ゲド戦記」・・・。

「映画 ゲド戦記」に対して、私は、制作発表の当初からポスターや予告編で見る絵もコピー文も全てに違和感を感じましたし、その後追々知ることになった製作に至った経緯を聞くにつけてうんざりした気分になりました。どう考えてもこれは「ゲド戦記」ではないし、良い作品になるわけがないと思っていました。原作に思い入れの深い一人として、絶対に観る気はなかったのですが、その後いろんな場面でこの作品の是非についての議論されるのを見ていて、だんだん興味が湧いてきたのです。

とにかく作品を実際に見ないことには何も言えないので、いろんな先入観をいったんリセットして(完全には無理ですが)、とにかく見てみようって思ったのです。
で、率直な感想ですが・・・思っていた以上に、作品として内容の悪いものでした。

原作と違うとか、表現が拙いとか、そういう意味でだけダメと言っているわけではないのです。映画と原作が違うのは仕方ないことですし、場合によっては大胆な組み替えをしてオリジナルに近い作品にしてしまう場合だってあるでしょう。でもそれは制作者側に、作品の解釈と表現の意図が明確にあることが大前提だと思います。「映画 ゲド戦記」には、そういったものがまるで感じられません。原作に対する誠意も、まったく見受けられません。そして作品の内容自体に、たくさんの問題がある作品だと思いました。

この映画について、原作者であるアーシュラ・K・ル=グウィンから、自身のHPで公式なコメントが出ています。翻訳のページにもリンク貼ってみますので、ぜひ読んでみてください。
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

↓以下、かなり批判的な私の勝手な感想ですので、ご了承ください。

» »【続きを読む 「映画 Gedo Senki」】

ヴィレッジ

B0001.jpg先週wowowで放送された「ヴィレッジ」という映画がちょっと気になって、録画しておいたのをさっき観てみた。ホラー仕立てのサスペンスもの?と思って観てみたら、思っていたより丁寧につくられてる映画で結構面白かった。
予告編では「驚くべき恐ろしい謎がある!」っていうような大げさなフレコミだったけど、そういう話では全然なくて、淡々とした展開と地味なストーリー。謎めいた森のなかで村を営み共同生活する人々。中世の村のような生活スタイルで、ユートピア的な世界をつくり出していたが、人が人を想う気持ちの高まりによってそれがほころび始め・・・・。静かな、けれども心の奥から込み上げてくる、情熱的な愛の物語。賛否両論分かれそうな内容だけど、私は結構気に入った作品でした。

人生で一番大切なもの


大げさなタイトルですみません。映画の話です。
TVでたまたま観て気に入った映画で、「シャーロット・グレイ」という作品があります。第二次世界対戦下のフランスとイギリスを舞台にした物語。カメレオン女優と言われるほど多彩な演技に定評のある、ケイト・ブランシェットがヒロインを演じています。

さて、この作品の中で、英の諜報機関で訓練を受けたヒロインが、最終テストとしての問答試験を受けるのですが、その中で非常に印象に残る…というか、この作品のテーマの中核をなす言葉が出てきます。

試験官の質問:「次の三つのうちで一番大切なものは? 信頼、希望、愛情」

さて、みなさんは何と答えますか? ちなみにこの劇中でヒロインは「希望」と答えていました。その答え方が、作品全般に貫かれていて、クライマックスでのヒロインの行動に私は感銘を受けずにはいられなくて、観終わった後この作品がとても好きになりました。そしてその後すぐに、DVDまで買ってしまいました。

私は映画を観ながら、その「三つのうちで一番大切なもの」という質問のことを、ずっと自分に照らし合わせて考えていました。そして考え至るのは、私にとってのその答えは「信頼」なんだと思うのです。自分が人生に求めるもの、生涯の仕事に求めるもの、愛する人に求めるものは、そういうものに集約される気がします。どの選択が良いとか悪いとか、そういう話ではなくって、たぶん自分はそういう傾向なのでしょう。そう考えると、自分のことがとてもわかりやすい。人が自分の人生に求めるものについて、シンプルな設問の立て方として、「信頼、希望、愛情」という分類は面白いなぁ、と思うのですが。皆さんはどう思いますか?

http://www.uipjapan.com/charlotte/

ジム・ヘンソンの伝説

 

STUDIO VOICEの10月号に「ジム・ヘンソンの伝説」という特集記事が掲載されました。最近はその名前をあげても、あまり反応がないのが残念ですが、ジム・ヘンソンは70〜80年代に活躍した偉大なマペット・クリエイター&映像作家です。私の最も敬愛する作家の一人。80年代に大きな潮流をつくった「SF&ファンタジー」系の映像作品に愛着を持った人なら、ジム・ヘンソンの名前を知らない人はいないでしょう。そのくらいに偉大な、影響力のあるクリエイターでした。単に「偉大な」というのではなくって、彼がつくるファンタジックな映像世界、ユニークなマペットたちは、とにかく魅力に溢れていて、愛さずにはいられない存在だったのです。

ジム・ヘンソンの仕事として、もっとも有名な、誰もが知ってるキャラクターは、「セサミストリート」の愛くるしいマペットたち。そして「スターウォーズ」のヨーダにリアルな動きと特殊撮影の効果を与えたのもジム・ヘンソンの功績。その後も「ダーククリスタル」や「ラビリンス」等の本格的なファンタジー映画、残酷で不可思議なお伽噺を題材にした「ストーリーテラー」など、良質なオリジナル作品を数多く生み出しました。ジム・ヘンソンの作品はたくさんの人を魅了し、愛され、評価を高め、皆が注目し大きな期待を集めていたその矢先・・・彼は突然この世を去ってしまったのでした・・・・。その時の悲しさは、ちょっと言葉になりません。今思い出しても、胸が痛むのです。

ジム・ヘンソンが亡くなって、今年で15年。その後しばらく彼の名前を聞く機会は少なかったのですが、最近にわかにジム・ヘンソンの評価が高まってきたようです。「ダーククリスタル」「ラビリンス」のDVDが再発されたり、雑誌で特集記事が組まれたり。近頃のファンタジーブームが契機となって、ジム・ヘンソンの存在がクローズ・アップされ、彼が遺したダーク・ファンタジーの世界が時代を先駆けた優れた作品であったと評価されるのは、ファンとしてとてもうれしいことです。やっと時代が追いついたのかなぁ、とか思ったり。

今私の中でも、ジム・ヘンソン熱が急上昇中。夜な夜な彼の映像を観て楽しんでます。特殊効果に限って言えば、確かに今の時代から見ると拙い印象は拭えないのだけど、その拙さがまた映像に独自の魅力を添えているようにも感じるのです。CGではとうてい及ばない、手作りのあたたかさと、職人的なこだわりと創意工夫が結実した表現の力強さが、彼の映像からはひしひしと伝わってくるのです。少し思い入れが過ぎるのかもしれませんが。

※「ダーククリスタル」「ストーリーテラー Vol.1&2」は廉価版のDVDが出ています。
※ジム・ヘンソン・カンパニーの手で、現在「ダーククリスタル2」の制作が進行してるそうです。楽しみですね!

セルゲイ・ボドロフ監督「コーカサスの虜」を鑑賞

先日の日曜、渋谷に出たついで、特に目的もなかったのだけど、HMVのDVDのコーナーに立ち寄った。今日は絶対買わないと思って心に決めてお店に行ったのだけど、やっぱりダメですね。物欲を抑えきれず、映画のDVDを3本買ってしまいました。

この日買ったのは、セルゲイ・ボドロフ監督の「コーカサスの虜」、サリー・ポッター監督「耳に残るは君の歌声」、私の大好きなニキータ・ミハルコフ監督の「光と影のバラード」(デジタル・リマスター版)。後の2本はもう何度も観てる作品なのだけど、「コーカサスの虜」はタイトルを知ってただけで未見の作品でした。以前「ベアーズ・キス」という映画をwowowでたまたま観てとても印象に残って、それと同じ監督と知って、ただ勢いで買ってしまいました。
で、昨日疲れて家に帰ったはずが、朝の4時に目が覚めてしまい眠れなくなったので、この作品を観てみることにしました。ロシアとチェチェンの間の紛争を題材にした重いテーマを扱っているということだったので、疲れてる時にそういうものを観るのはどうかと思ったのだけど、まぁ、途中で寝てしまったらそれはそれでいいかなって思って。でも良い意味でその予想は見事に覆されました。とにかく素晴らしい映画! 最後まで夢中で観てしまいました。ラストの悲しい結末には思わず胸が苦しくなってしまうのですが、何とも言えない余韻がずっと後まで残ります。そして、いろんなことを考えさせられる作品でもありました。

毎日TVでは、様々な地域での戦争、紛争、報復行為、殺戮の映像が繰り返し映し出されます。でもそういう映像を見ていても何故かリアルなものとは感じられず、戦争について、人と人との争いについて深く考える契機を持ち得ません。それは自分自身の意識の持ち方の問題でもあるのですが、メディアの報道のあり方の問題でもあり、なかなか自力では乗り越えていけない難しい問題が横たわっているのだと思います。ふとすると、考えること自体あきらめてしまいそうになります。けれどもこういう優れた作品に触れたとき、物事の奥底にある大事な問題の本質を、やっと少しだけ垣間みることができる気がします。

「どうしたら戦争をやめられるのか、私たちにはわからない。戦争を始めることは簡単だが、終わらせることは難しい。人を愛することより、殺すことの方が簡単なのだ。でも、私たちは努力すべきだ」——これはDVDのパッケージに綴られていた監督の言葉。最初見た時は気にかかる言葉ではなかったのだけど、映画を観終わった後、あらためてこの言葉を読み直してみると、「でも、私たちは努力すべきだ」の言葉に、特別な想いが込み上げてくる。確かなものは何もないのですが、この映画の感動の余韻の中で、私はそんなことをぼんやり感じました。
http://www.showtime.jp/info/cinema/00012/

ところでこの映画、映像の雰囲気・質感が独特で、私は観始めてすぐに「あぁ、すごく親しい感じがする」という気分で、とてもうれしくなってしまいました。古き良きソビエト映画の雰囲気を引き継いでいる作品であることはよくわかったのですが、それにしてもこの感覚はなんだろう? すごく自分好みな映画の肌触り・・・と思いながら映画を観ていたのです。で、DVD特典のスタッフキャストを見てびっくり。撮影監督がなんと、パーヴェル・レベシェフ。ミハルコフ監督の常連のスタッフでした。「あぁ、だからなんだ〜」と一人で合点してしまいました。そういえば主演の一人は「太陽に灼かれて」のオレグ・メンシコフだし、村の可愛らしい女の子はエレーナ・ソロヴェイとなんとなく面影が似てる気がするし。なんだか作品そのものがミハルコフ作品(「黒い瞳」以前のもの)へのオマージュのようにも思えてきます。ちょっと偏った見方かもしれませんが。

この日買ったDVDはなぜかみんなロシアにつながりのものでした。自分ではそういう意識はまったくなかったのですが。たまたま気分がロシアに向いてたのかもしれませんね。

オネーギンの恋文

onegin.jpg深夜のNHK-BSで「オネーギンの恋文」というイギリス映画をやっていた。まったく前知識なしに、途中からぼんやり見ていたのだけど、じわりと心に響いてくる、なかなかいい映画でした。主演はレイフ・ファインズ、リヴ・タイラー。監督はレイフ・ファインズの妹、マーサ・ファインズ。ロシアの文豪プーシキンの原作を映画化したもの。
作品の中で印象的だったのが、主人公=高慢で身勝手な貴族の男が、ヒロイン=田舎育ちではあるが才女で情熱的な女に、本を貸すシーン。ヒロインが「何か本を貸してくださらない?」と男に頼むと、「そうだ、いい本がある。新しく入ったばかりの本だ」といって差し出すのが、ルソーの「新エロイーズ」だったのだ。「新エロイーズ」はルソーの著作の中でもかなり異色な作品。貴族令嬢の娘と、家庭教師との間で交わされる書簡(=恋文)の形式で綴られた恋愛小説。そしてかなり風変わりではあるけれど、ルソーの思想の要が実はそこにあるのではないか、と評されていたりもする。ルソーという人は本当に面白い人で、言ってることがいつもバラバラでとりとめがなく、矛盾だらけ。でもバラバラのような論説が全体としてはなんとなくつながっていて、ちゃんと筋道が通っている・・・という不思議な思想家。だからこそ魅力があって、多くの人を魅了する。私も一番好きな思想家。たくさんの影響を受けた。
昨日友人と飲みながら話をしてるうちに、ひさしぶりにふと、ルソーの名前が出たりした。その後家に帰ってテレビをつけたら、またルソーの名前と出会ったので、なんだかとても不思議な気分。またルソーの本を読み返してみたくなった。途中で挫折してしまった「新エロイーズ」。もう一度チャレンジしてみようかな。

どうでもいいけど、リブ・タイラーって、やっぱりきれいですね。特別好きな顔立ちの女優さんではないのだけど、映画の中ではひときわ美しく輝いて見えます。独特な雰囲気、魅力を持った女優さんだと思います。

ピーター・ウィアーDVD BOX

中野ブロードウェイの小さなDVD屋さんに立ち寄ったら、『ピーター・ウィアー DVD BOX 1』なるものを発見して大興奮。オーストラリア時代に撮った貴重な4作品が収録。何と言っても、私の一番好きな映画の一つ「ピクニック at ハンギング・ロック」(永く廃盤になっていた)が収録されたことに感激!!!! もう舞い上がってしまって、衝動買いしてしまった。定価15,750円はかなり痛かったけれど・・・。

ピーター・ウィアーは私のもっとも好きな監督の一人・・・でした。過去形になってしまうのは、近年の作品がどれもちっとも面白くないから。そもそもハリウッドに入ってからの作品はどれもぱっとしない。「刑事ジョン・ブック 目撃者」だけは別格で、素晴らしい作品だった。「グリーン・カード」も、とても後味のいい作品。でも、もっともっといい映画が撮れる監督だと、私はまだ信じてるのだけど。

このBOXは、あえてオーストラリア時代の作品に限定したところがすばらしいと思う。オーストラリア時代のピーター・ウィアーの作風は、非常に難解でストーリー展開に起伏もないから、正直とても取っ付きにくい。でも独自な映像センスが際立っていて、作者が何を言いたいのかわからないまでも、とにかく印象に深く残るものだった。

私は映画を評価する上で大事なのは、その映画を「理解」できるかどうかではなく、その映画を観ることが自分の内でひとつの「体験」になり得るかどうか、にかかっていると思う。そういう意味で、ピーター・ウィアーの作品の出会いは私にとって、とても大きな出来事だった。もう15年くらい前のことだけど。今でもその時の印象を思い出すと身体がゾクゾクするようだ。劇場ではなくDVDで、それが再現できるかわからないのだけど・・・でもこのBOXは私にとって、間違いなく、宝物のひとつになるでしょう。

All Pages |  1  |  2  |  3  |   [Next]