Top Design Illustration Writings Blog Links Profile Contact

深紅の愛

メキシコ映画『深紅の愛 DEEP CRIMSON』の公開が始まった。リプシュテイン監督の舞台挨拶があるからということなので、今日は劇場に足を運んできた。リプシュテインは、日本でその名はあまり知られていないが、ラテンの巨匠と称されるメキシコの偉大な映画監督。実は私もよく知らなかったのだけど、昨年『大佐に手紙は来ない』という作品を観る機会があった。きめが細かく情感のこもったカメラワークがとても印象的で、人物表現やストーリーも素晴らしい内容だった。
今回の『DEEP CRIMSON』がそのリプシュテイン監督の作品と知らされ、必ず観ておこうと思った。ただ、今回の作品のストーリーが、醜悪な中年男女のディープでヘビイなメロドラマと聞いてもいたので、正直あまり気乗りがしなかった。ところが映画の上映が始まってすぐに、私の先入観は変わってしまった。その流麗で豊かな映像表現はこの作品においても際立っていて、まったくの狂気の物語をひとつの愛の物語として見事に描ききっていた。

この作品は1940年代に実在し、「ロンリー・ハーツ・キラー」として全米を騒がせた男女二人組の殺人犯の物語を題材にしている。舞台は1949年のメキシコ。太った子持ちの看護婦コラルは、雑誌の「交際希望欄」を通じてニコラスという男性と出会う。コラルはすぐにニコラスに愛を求めるが、その夜のうちに金を盗まれて逃げられてしまう。ニコラスは追いかけてくるコラルを毛嫌いするが、カツラをかぶった結婚詐欺師だという事実を知った後も、なお自分を愛してくれるコラルのことが、かけがえのない存在なのだと気づく。やがて互いを深く愛しあうようになる二人は、狂気の殺人を繰り返しながら悪夢のような旅を続くて行くのである……。

愛する対象をずっと求め続けてきた女と、誰からも愛されたことのなかった男が出会った時の、痛々しいほど激しい純愛の物語。監督のリプシュテインが舞台挨拶のなかで語っていた。「どうか皆さん、この映画をご覧になって、この二人の共犯者になってください」と。
あんなにも深くて激しい愛の形、その「共犯者」になれるだけの情熱が、私の内にもあればいいのだけれど…。