Top Design Illustration Writings Blog Links Profile Contact

「千夜千冊」という冒険

松岡正剛の講演会に行ってきました。
今回の講演会は、松岡正剛が2000年から6年間かけてWeb上で連載執筆した「千夜千冊」を、本として新たに集成した「松岡正剛 千夜千冊 全7巻」の出版記念の特別講演でした。ですので、話のほとんどはこの全集についての解説に沿った話。それでも歴史、宗教、哲学、自然科学、文学、美術、漫画、音楽・・・etc、とあらゆる分野に通じた「千夜千冊」という「知」への冒険の断片を、ほんの少し垣間見させてもらえて、もうこの上なく幸せなひとときでした。

この全集、10万円近くするのですが、講演会聞き終わった直後は欲しくて欲しくてたまらなくなってしまいました。予約申込書にサインする直前で、踏みとどまりましたが。20代の時に、約50万円の夢二復刻本全集を店頭で衝動買いした私ですが、さすがに少しは大人になった(?)ので・・・。でも欲しい。思いがけない収入があったら、そのうち買ってしまうかも。
http://www.kyuryudo.co.jp/Senya-Sensatsu/flame.htm


講演会を聴いて、いろいろ考えさせられたこと、これから考えてみたい宿題を、たくさんもらってきたのですが、私の足りない頭でここに論を展開してもつまらないので、印象に残った話を少しだけ。
「千夜千冊」という執筆活動は6年間にわたって続けられたわけですが、その道程は、松岡正剛さん自身が当初考えていた以上に大変な、壮絶な毎日だったようです。普通の人が何年もかけて読み解いていくような、内容の濃い、重みのある本に、毎日必ず1冊づつ向き合い、格闘し、執筆を続けていったのですから、それはもう私たちの想像を遥かに超えた行為だったのだと思います。

でもそんな過酷な作業の一方で、新たな発見や楽しいこともたくさんあったのだそうです。今回読み直しをする中で、その本に対する自分の認識や捉え方がまったく別のものになることが度々あったそうです。年齢や経験を重ねているわけだから、違って当然なのですが、自分が当初想像していた以上に感じ方に違いがあって驚いたそうです。それから本を読むときにどういうシチュエーションであるのかで、つまり、朝読むのか夜読むのかという時間によっても、仕事場で読むのか喫茶店で読むのかという場所によっても、自分の体調の良い悪いによっても、些細な話、本にカバーをかけて読むのかない状態で読むのかによっても、その本の印象がかなり違ってくるのだそうです。本好きな人なら誰でも、なんとなくうなずける話ではあるのですが、あれだけ本に精通してきた正剛さんが気持ちを込めてそう語るのだから、とても興味深い話した。そして正剛さんが語ってました。「本というものは、二度以上読まないとダメなんだと、私自身があらためてそう思った」と。

 
そして、とてもうれしかったこと! 正剛さんは本を読む時にペンでマーキングをしながら読むのだそうですが、そのペンは「PILOTのVコーンというボールペン、それも青インクじゃないと調子が出ないんです(笑)」とおっしゃってたのですが、私がそのときメモをとってたペンが「PILOTのVコーン、青インク」なのでした。私もずっと愛用してるペン。書く道具って、高級だから良いというものではなくって、その人にとっての「ツボ」のようなものがあるのです。喩えが難しいのですが、背中のかゆいところに必ず手が届く「魔法の孫の手」みたいなものでしょうか(なんと貧相なイメージ…)。とにかく、そんなところに正剛さんとの共通点が見つけられて、私はうれしくってたまりませんでした。思わず立ち上がって「正剛さん、私もです!」と叫びたかったほど。

本当に、私にとってはたくさんの元気をもらえた、心が生き返るような一日でした。正剛さんのような人でさえ、今も毎日、命をかけて書物と格闘している。果てのない「知」への冒険の道を、全力で走り続けている。そのことが心に深く響きました。私も何かやらなければ・・・。たくさんのことはできなくても、たった一つのことでもいいから、自分はこの井戸を掘ったのだと、誇れるような仕事がしたい。帰りの電車の中で、ぼんやりとそんなことを思いました。