Recent Entry

Back Number

About

グラフィックデザイナー&イラストレーター、横山ひろあきの雑記帳です。日々の出来事や想いを気ままにつづっています。

»このブログのTOP

My Web-site

Mail Form

メッセージ、ご感想、ご質問などありましたら、お気軽にメールにて送っていただけますか。

【メッセージを送る】

竹浪明さん&芽ぶきさんのご結婚パーティー 2/12

昨日4/5発売の「週刊新潮」に、竹浪明さん(映像作家・文筆家)&松岡芽ぶきさん(画家)のインタビュー記事が掲載されています。タイトルは「結婚」! お二人の幸せな笑顔が溢れてくるような、素敵な記事でした。この機会に(このタイミングを待っていました...笑)、その2月12日の"水上結婚式"のときの様子をご紹介させていただきますね。
 
120405-1.jpg
 
お昼過ぎの井の頭公園。結婚セレモニーの開催場所として皆で集まった場所に、新郎新婦の姿は見えず。さて、お二人はどこにいらっしゃるのだろうか?...としばらく待っていると、突然大きなどよめきが。。。
 
120405-2.jpg
 
120405-3.jpg
 
なんと、井の頭池の遠く向こうから、ボートに乗って二人が登場!!! まったく想像していなかった展開に、誰もが驚かずにいられません。公園にいた一般の方たちも、突然の出来事にあっけにとられ...いえ、皆が歓喜に沸きつつ祝福の声を上げていました。そして私たちも大きな喝采でお二人をお迎えしました。
 
120405-4.jpg
 
ライアー奏者のまかな瑠音さんとNaluさんによる美しい演奏が織りなす中、二人の契りの杯も水上で。そしてソプラノ歌手の中村初恵さん(竹浪さんと一緒に何度もコンサートに通っています♪)がリムスキー・コルサコフ「風ではない、高みから舞う風のように」を高らかに歌い、皆がその美しい歌声に聞き入る中、お二人は厳かに指輪を交換し、皆で祝福しました。
 
120405-5.jpg
 
120405-6.jpg
 
感動的な結婚の儀が終わってからパーティー会場の〈ペパカフェフォレスト〉に戻り、お二人の結婚披露パーティーの開催。さて、ここで私にとっては大変な試練が待っていました...。なんと、私はこの竹浪さんの友人代表としてスピーチをさせていただくことになっていたのです。。すごく光栄で嬉しいことではあるのですが、なにしろ自分は大勢の人前で話すのが苦手な性分で...当日まで大変なプレッシャーの日々でしたよ。。。
 
まぁ、兎にも角にも、心からのお祝いの気持ちを、たどたどしい言葉でお伝えしました。私にとって竹浪さんは、無二の親友。周りからも「旧知の間柄なんですね」と言われることが多いのですが、実は私が竹浪さんとはじめて知り合ったのは、今から7年程前のこと。共通の友人から紹介していただいたのが最初でした。当時、竹浪さんは自作の短編映画3本の劇場公開が決まっていて、その準備をしている最中。その映画のフライヤーのデザインを依頼してくださったのが最初のご縁で、以来すっかり意気投合してずっと仲良くさせていただいてます。
 
そのスピーチでお話ししたことですが、竹浪さんのことを一言で語るなら、それは「誠実であること」。裏表がなく、誰に対しても同じ目線で接してくれる希有な人柄で、私は本当に心から信頼できる人だと感じています。そして付け加えるなら、知的な探究心に満ちていて、何事に置いても常にポジティブで明るい面から見ようとする姿勢に、いつも感心させられます。そんな竹浪さんの優れたお人柄と資質が、竹浪さんの作品のすべての根っこにあるのではないでしょうか。
 
120405-15.jpg
 
ちなみにこの日の司会&進行は、新郎である竹浪さんご自身(笑)。最初から最後まで竹浪ワールド全開です!!
 
しばし祝宴の歓談のあと、結婚パーティーには欠かせない「二人の最初の共同作業=ケーキカット」の場面。 運ばれて来たのは色鮮やかなケーキ...と思いきや、それはなんと石けんでできているケーキだったのです。お二人のご友人、上斑さゆみさんの手作り。これは一つのアート作品ですね。
 
120405-7.jpg 120405-8.jpg
 
これも定番、二人の出会いまでの軌跡を描いたスライド上映。でもやっぱりアーティストのお二人。ただのスライド上映になるはずはなく、一つの映像作品として見応えのある映像作品でした。帰りにお土産DVDとして配布してくれたら嬉しかったのに。

その中で一番衝撃的な映像が、若き日のお二人のアイドル風写真。。以前のキャリアは俳優さんでしたっけ?と突っ込みたくなるほどの思わせぶりな表情のスチール写真に、会場が大きく湧きました。
 
120405-9.jpg
 
120405-10.jpg
 
そして、この日2回目のケーキカット。今回は本物のケーキ。鹿の角と耳をイメージした美しいデコレーション(芽ぶきさんのご実家が奈良にあるから)。
 
120405-16.jpg
 
ケーキのプレートには、フェリーニの映画「8 1/2」=La Dolce Vita 1/2(竹浪さんのブログのタイトルにもなっている)にちなんで、「La Dolce Vita2/2=♡」と書いてあります。竹浪さんらしい、素晴らしいセンス! ケーキは、このあと皆で美味しくいただきました。
 
120405-11.jpg
 
このあともしばらく楽しい祝宴が続いたのですが、惜しむらくは、会場に来ているいろんな面白い方々とあまりお話ができなかったこと。私はスピーチの緊張から解放されて放心状態...。写真もあまり撮れず、ひたすら美味しい料理を食べてるだけで過ごしてしまいました。でも2次会では竹浪さんの古い学友さんから、楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。竹浪さんは学生時代から、ま〜〜ったく変わらず、あのままのお人柄なんだそうですよ。本当に、素晴らしいことです。。
 
120405-12.jpg 120405-13.jpg
 
竹浪明さん、芽ぶきさん、本当におめでとうございました。末永くお幸せに〜♪
これからお二人の様々なコラボ作品を見せていただけるのを、楽しみにしています!
 
120405-14.jpg

注)上に載ってるおめでたい顔のカエルは私の持ち込みです。。笑

コメント (4)

横山さん、素敵にご紹介くださり、ありがとうございます!
パーティーでのスピーチ、無二の親友の温かな言葉に感激しました。
鬼太郎茶屋で僕が妖怪(アイドルではなく)に間違えられた逸話は
皆さんに笑っていただけ、場も和みました♪
そしてスピーチ中にいただいた台湾土産のスペシャル・プレゼントも!

近々、横山さんの一週間遅れのお誕生日祝いも兼ねて
お花見乾杯しましょう♪

よこやま:

>竹浪さん
さっそくのコメント、ありがとうございます!
あの週刊新潮の記事を読んで、結婚式の感激がよみがえってきました。
まるで結婚式そのものが竹浪さんの演出作品であるかのような、素晴らしい時間でした。

当日はつたないスピーチで恐縮ですが…、皆に笑っていただけて良かったです。
(実はスピーチ直前まで、まったく違う内容をお話しする予定でした。。笑)
友人代表としてご指名いただけて、本当にうれしかったです♪

今度のお花見で、新婚旅行のお話聞かせていただくのを楽しみにしてます!

苑:

素敵な結婚式のレポートを拝読させていただきありがとうございました♪

友人から、竹浪さんの結婚式の記事が週刊誌に載っていたと聞き、読むことができず残念に思っていたので、親友の横山さんのレポートでより具体的に知ることができ、嬉しいです。

竹浪さん、芽ぶきさん末永くお幸せに。

苑さん、ありがとうございます。
横山さんを昨夜お招きして、横山さんにいただいたお酒や
芽ぶきさんの手料理でワイワイ盛り上がりました。

新作映画のフライヤーのデザインを横山さんにお願いしました。
そちらも楽しみにしてくださいね。

コメントを投稿