2014年6月のエントリー 一覧

P6220167.jpg

新宿駅のホームで見かけたダメダメな美術展ポスター。この国の不明瞭な思惑が反映(「国立」の表記なし)されてしまったものと、広告代理店がやりたい放題の下品な代物(タイトルもひどい)。この2枚を見ていると、現在の日本での芸術の立ち位置が見えてくるようで、憂鬱な気分になりました・・・。

近年の日本の広告代理店主導による美術展覧会のポスターはこんなのばっかり。広告アプローチとしての、この目線の下げ方がすごく嫌な感じ。作品に対する理解が軽薄で、単なる「客寄せパンダ」としか考えていないのでしょう。こういうのを許す美術館側の責任も大きいと思う。展覧会をやる側も観に行く側も、何かが壊れてしまっているのではないでしょうか...。

ちなみに台湾の国立故宮博物院には、有名な「白菜」以上に素晴しい美術品がたくさんありますよ。台湾に行ったら必ず訪れるべき、素晴しい博物館です。

P6230172.jpg

20年ぶりくらいに見た東京タワー。こんなにもきれいだったっけ?・・・と、その美しいシルエットにあらためて感動。50年以上前の建造物なのに、今もキラキラ感が漂ってます。

P6230178.jpg

無骨に思えた鉄筋も、今の感覚で見ると、かえって斬新にさえ感じてしまうから不思議。。

P6230179.jpgP6230175.jpg

間近で見上げていると、なんとかスカイツリーよりもこっちの方がずっと深い愛着が湧いてきます。東京タワーは、今なお輝きを増しているのだと再発見しました。

錦糸町にある割烹店「万事屋 藤吉」から、天然鰻の上物入ったと連絡あり。そう聞いたらじっとしているわけにはいきません。。さっそく食べに行ってきました。

P6210149.jpg

というわけで、出てきたのがこのうな重。この厚み!この大きさ!そして、身も皮もぷりっぷりっな食感。本当の天然ものだからこその濃厚な旨味。かぶりついた途端に、感嘆の声を上げずにはいられません。。

満足感いっぱいでしたが、酒のつまみにこの日はちょっとだけ追加オーダー。

P6210152.jpg

厚揚げは山形から直送されたもの。ふわっと柔らかい食感。しっかりした豆の味を感じるけれど、後味はすっきり。普通の厚揚げとは違う、まろやかで上品な味わい。

P6210159.jpg

もう一品は穴子のあぶり。鰻とかぶるかな?って一瞬迷いましたが、上質なネタが入ってるということで誘惑に負けて注文してみました。これもうまい。。身がしっとりとしてきめ細かくって、旨味が舌に絡み付いてくるような感覚。これも絶品。食べておいて良かった〜。

このページの上部へ

About

日々のたわいもない出来事や旅の思い出を、気ままにつづっています。

【横山ひろあき】Hiroaki Yokoyama
グラフィックデザイナー&イラストレーター。1967年生まれ、鳥取県米子市出身。現在は東京都中野区に在住。

好きなもの:映画「ミツバチのささやき」、シュペルヴィエルの短篇、チェルリョーニスの絵画、ヴァージニア・アストレイの声、ラファエル前派、竹久夢二、坂口尚、猫、旅、酒。

http://www.jamsand.com

Mailform

ブログに綴った記事や旅行記へのご質問・コメントなどありましたら、お気軽にメッセージお送りください。
こちらから »【メールフォーム】

Search