Top Design Illustration Writings Blog Links Profile Contact

プロフィール

横山ひろあき
Hiroaki Yokoyama

 
グラフィックデザイナー、イラストレーター。
東京都中野区在住。
 
1967年、鳥取県米子市生まれ。成蹊大学文学部文化学科卒業後、紙の総合商社・竹尾に入社。FP商品開発課に配属。その後8年間、飯田橋の印刷会社に勤務。商業印刷物全般、会社案内や各種DM、販促グッズ、企業CIステーショナリーの制作などに携わる。印刷営業と、DTP・制作業務を兼務。この頃担当したクライアントは、日本テレコムネットワーク情報サービス、日本ロレアル、ランコム、日本BT、浪漫堂、等。

2001年に「スタジオ ジャム・サンド」の屋号で、フリーランスとしての活動を始める。紙媒体を中心としたデザイン・印刷物の企画制作を主な業務とする。これまでの主な仕事として、映画『白夜(監督/ヴィスコンティ)』フライヤーデザイン、粟津潔著『デザインする言葉』(フィルムアート社)の本文DTP、コミック叢書「レジェンドアーカイブス・シリーズ」(チクマ秀版社)装丁デザイン等。
現在、お茶の水にあるデザイン会社にグラフィック・デザイナーとして所属。


主なイラストの仕事

・資生堂の季刊誌『PEP』の表紙イラスト

・共同通信社発行の月刊誌『暮しの知恵』
  連載エッセイ「ちょっといい話」の挿絵
  連載コラム「パーソナル通信時代」の挿絵

・練馬区大泉学園ゆめりあホール
  「アカペラコンサート」チラシ&ポスターのイラスト

・DV被害者支援の民間団体・WNSのHP用イメージイラスト

・共同通信社刊『玉ねぎコロリン』(海老名香葉子著)の表紙&本文イラスト

・ポプラ社刊「小公女」表紙・本文の挿絵


スタジオ ジャム・サンドについて

■ 《スタジオ ジャム・サンド》は、デザイナー&イラストレーター横山ひろあきが個人で運営してるクリエイティブ・カンパニーです。印刷業界に長年携わってきた経験を生かして、主に紙媒体を中心としたデザイン・印刷の仕事をしています。
 

■ パンフレット・チラシ・DM等の商業印刷物全般、映画や演劇のフライヤー、書籍の装丁、ロゴマーク、ホームページ、ディスプレイ等、幅広く手がけています。デザインだけでなく、企画段階の打ち合わせから印刷のご相談まで、トータルにサポート致します。
 

■ 基本的に、シンプルでわかりやすいデザインを心がけています。
 

(※現在、所属しているデザイン会社での業務が多忙なため、スタジオ ジャム・サンドとしての活動は個人でできる範囲のことに制限しています。ご了承いただけますか。特別なご要望がありましたら、一度ご相談ください)