日々の雑記 -Category

先週ですが、会社の近くにあるカフェ&バー「シュヴァルツヴァルト」に行ってきました(2回目)。このお店の樽生ドイツビールは本当に美味しい!オクトーバーフェストとかで高いお金払わなくても、ここで美味しいドイツビールを味わえます。

P7040227.jpg

樽生は、「ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア・ヘル」。これぞドイツビールという濃厚な味わい。瓶ビールもありますが、やっぱりこの樽生がおススメ。

P7040230.jpgP7040232.jpg

カフェ&バーなので料理メニューは少ないですが、おつまみ程度のものなら美味しいものもいろいろ。手作りのグリルソーセージ3種盛や、ドイツ名物のソーセージ料理「カリーヴルスト」などなど。カリーヴルストにまぶしてあるカレー粉はかなりスパイシーで、想像以上に美味しいですよ。ビールがすすみます♪

P7040235.jpg

店名は、ドイツ鳩時計発祥の地「シュヴァルツヴァルト(黒い森地方)」から名付けられているそうです。店内には素晴しい鳩時計の傑作が展示されています。ビールを飲んでると、あっちこっちからかわいい仕掛けが動き出してきて楽しいですよ。

P7040236.jpg

P7040242.jpgP7040243.jpg

ちいさなスペースですが、店員の方の対応も良くてこれからも通いたくなるお店。ドイツビールが好きな人は、神保町に行った折にぜひ立ち寄ってみてください。

★シュヴァルツヴァルト神保町→ http://www.schwarzwaldcoffee.com/

7/12(土) 8:30~9:55放送の「にじいろジーン/地球まるごと見聞録」という番組内で、ポーランドのことが紹介されるそうです。「南ポーランドよりレポート」との情報。もしかしたら南部マウォポルスカの木造教会群も紹介されるのかな? 楽しみ!

P7033830.jpg

P7044161.jpgP7043996.jpg

P7044024.jpgP7044090.jpg

ポーランドにはちょうど1年前に行ってきました。世界遺産に指定された街並や美しい田園風景など見所たくさんありましたが、中でも南部の木造教会群は本当に素晴しかったです。南部マウォポルスカ地方といっても、実際にはかなり広範な地域に分布しているため、車がないと見て回るのは難しいのですが、私たちはどうにか8つの教会を見ることができました。

P7044129.jpg

ポーランドへの旅のことは、またそのうちにちょっとずつ綴っていこうと思ってます。どうでもいい話ですが、そのときの感動を思い出して去年の夏に描いたのがこの絵でした。
http://www.jamsand.com/yokoyama/Media/inorinozankou.jpg

浅草・神谷Bar名物のデンキブラン。実は神谷Barに入ったのははじめて。現状の店内は、想像してたよりきれいすぎて面白くないけど、来てる客層に独特な空気感があって面白かったです。

P7020207.jpg

ふと隣りのテーブル見ると、おじさん四人衆が一皿のナポリタンに尋常じゃない量の粉チーズをかけまくってて、その様子があまりに面白すぎて笑ってしまった。そしたら「いや、こうやると旨いんですよ!これ食べたあとデンキブラン飲むのが最高♪」と言って、私たちにもそのナポリタンをお裾分けしてくれたのでした。下町らしい風景ですよね。。

7月1日。とうとう「集団的自衛権の行使」容認の閣議決定が出されてしまいました。この国のあり方が根本的に変わってしまうかもしれない、分岐点となった一日...。悶々とした気持ちを抱えながら一日の仕事を終え、どうしようかと迷ったけど、やむにやまれぬ想いで官邸前へ向かいました。抗議行動とか、自分が胸を張ってできることは何もないけど、せめてこの状況に立ち会っておきたいと思ったので。

P7016636.jpg

「国会議事堂前」の駅を出た時点から人がぎっしり。すごい熱気。想像してた以上に大変な数の人が詰めかけていて、胸が熱くなった。来てる人たちは、老若男女さまざま。若い人、特に女性が多かったのが印象的。親と一緒に子供たちもたくさん。仕事帰りに駆けつけたサラリーマンの姿も多数。自分もそうですが、はじめて抗議デモに参加した人多かったのでないでしょうか。 最初は一人でちょっと心細かったけど、あの大変な人混みの中で、ばったりと友人のミュージシャンに出会えたり(笑)。同じような想いで駆けつけた人が大勢いるんだろうなぁって感じることができました。

P7016612.jpg

集団的自衛権の是非については、もちろんいろんな考え方があるでしょう。でもそれ以前に「解釈の変更」という姑息なやり方で、平和主義の基本精神に則ったこの国の憲法が勝手に改変されてしまうことが何より許せません。立憲主義に基づく国あり方の根幹を問われる問題です。

去年、ポーランドのアウシュヴィッツ博物館に行った時、ガイドの中谷さんが、「どうしてこのような残虐なホロコーストが起こってしまったのか・・・それはヒトラーが悪だったからということではない。私たちが見て見ないふりをして何もしないこと、黙っていること、無関心でいること。そういう態度こそがこのような事態を生み出すことの根底にあるのです。」という話しをしてくれたのが強く心に響きました。たとえ小さな声でも、ここぞという場面では勇気出して行動していかなければ・・・と、それからずっと思っています。

P7016625.jpgP7016615.jpg

デモ活動に慣れてる感じの人ももちろんたくさんいたけど、そうでない普通の人の方が大半でした。じっと黙ったまま官邸側を見つめて立っていた人もいたし、いたたまれない想いで、はじめてシュプレヒコールを叫んだ人もいたことでしょう。いろんな人のさまざまな想いがそこに渦巻いていました。単調な罵声の連呼にはちょっと辟易したけど・・・やっぱり行って良かったです。

P7016624.jpg

恣意的な判断と姑息な手法で、強引に舵はきられたしまったけれど、今日ここに、とんでもなく多くの人が抗議の声を上げたことは、将来の何かしらの糧になるのだと信じたいです。

P7016634.jpg

このページの上部へ

About

日々のたわいもない出来事や旅の思い出を、気ままにつづっています。

【横山ひろあき】Hiroaki Yokoyama
グラフィックデザイナー&イラストレーター。1967年生まれ、鳥取県米子市出身。現在は東京都中野区に在住。

好きなもの:映画「ミツバチのささやき」、シュペルヴィエルの短篇、チェルリョーニスの絵画、ヴァージニア・アストレイの声、ラファエル前派、竹久夢二、坂口尚、猫、旅、酒。

http://www.jamsand.com

Mailform

ブログに綴った記事や旅行記へのご質問・コメントなどありましたら、お気軽にメッセージお送りください。
こちらから »【メールフォーム】

Search